アメリカが日本の後を・・・・。

大統領選に見た、アメリカの凋落  2015-11-10 
今度はアメリカの大統領が沖縄の基地をなくす!?

もどる

日本において、少しばかり前 (昔に届かない前) 民衆の望みをすべてかなえるごとくの
公約を掲げ日本の政権を奪った 政治団体があった。
今では、政党名すら残っていない。

すべての民の望みをかなえることなど神様にも出来ぬ所存である。

しかし、人間には言えるのである。  信じるのも自由であるが、結果は皆様ご存じのとおり
これを  「中島みゆき現象」 というのである。
何故?  中島殿は下記の意味に歌っています。

困ったとき
男(女)友達に相談すると、問題を複雑にするだけ。

結局、その政党は野に下るということになった。 悪いことに懸案の問題はより複雑に
なり残されたのであった。

まさに、アメリカで起こった政治劇場は全く同じで。「七人の侍」が 「荒野の7人」の
ウエスタンになっただけであろう。

素人ほど怖いものはないと巷では言いますが、かのトランプさんは大統領になると
なんでもできるといった妄想にとりつかれている。 かの 
ハトポッポ とそっくり。

しかし、政治体系というのは比熱の高い物質のようで、あっためにくく 覚めにくいものなのである。
したがって、トランプさんは無駄にはならないが、空白の4年がそこに存在するか
ニクソン氏のごとく 大失態 スキャンダルで辞任する以外の道はないと確信する。

そして、また従来の政治体系に復帰するか、狂った大統領がSW (スイッチ) を間違えて
核爆発に至るか この不安 の中 4年間を世界の人々は過ごさなくてはならない。
また、民主主義とは いとも脆弱な政治体系と体感されることでしょう。

すでに、プラトン先生がおっしゃった通り 民主政治は衆愚う政治で最悪の
政治体系なのである。 いまだに分らんのが一般大衆(小生も)

日本人なら 
ハトポッポ が強大な権力、武力を持ったら? 
と想像すると精神安定剤が
必要になると感じるのは、小生だけでしょうか?










end