中国ウイルス宗教的解釈

もどる

その昔、ある王様が絶大な権力と富で ちと 狂った。!!
「俺の力は神に匹敵する
  富と権力で塔をたてよ!! 神のいる天に届くものを 」

と命じて帝国の人民を集め塔を作り始めた。

それをみて 神様は 

「ほっ ほっ ほ!! ま かわいい人間たちが
   何を血迷ったのか 天に届く塔を建てて  
   弓で私を射抜く  と??  
  すこし、懲らしめましょうかね はい
  言葉を7つに分けました。 あら!! これだけで
  終わりですか?   」

塔は完成することができなくなり 帝国はあわれにも崩壊しましたとさ。

2019年神様

「 せっかく分けた 言葉をかわいい人間たちは 機械の寄せ集めで
  通じるようにしたようですね。
  よくできました。

  それでは これはどうでしょうか?  ウイルス は人が寄ると
  写りますよ!! 人と人は傍によってはいけません。
  大事な命を失いますよ。
  どうするのでしょうかな?  
  かわいい人間たちよ 私と同じ 知恵を持っている者よ。
  知恵を使い私と遊ぼう  。」

中国が新型ウイルスを作っても 生物は神様の専売です。
その証拠に人は今でも生物を作ることはできません。
中国で偶然
発生したのか 改造して製造したかはわかりませんがそこに、
神様のスパイスが効いているのは間違いがないようですね。

このウイルスはそう簡単には無くなりません。 なぜなら 前回の神様の
お試しは何千年も続いて 世界には多くの言葉ができ 互いに協力して
神様のパンツを脱がすこと等かないませんでした。 

こんども
ちょっとばかり調子にのって翻訳機など作ったおかげで もう少し難題の
ウイルスになってしまったようです。  

勘弁してくださいよ  神様!!

神様のパンツに手が届くには まだ 数千年かかりそう。 ところで
神様のパンツは一枚ですか??
まさか、何枚も・・・・・・・?


>> 解決策は簡単<<<
  愛  それがヒントではなかろうか?? 中共も愛を学んでほしいです。
 中共とトランプさんに愛を叫んでも無理か? 
 「愛は金になるぞーーーー。」
 と言うとわかるのかな??    hi




END
  

ウイルスを作成したのが中共でも自然界でもいいのだが、・・・・・・・・・・・・・・・・・?
余りにも人々が思いあがって天にも達し 神様にとって代わろう・・・・・・・・・・・・・・
等と思った瞬間 バベルの塔の再来になってしまったの かもしれない!!!?