サーフボードは何故回転するか

テイクオフ
テイクオフできた時は、ボードの後方部分のみが水に接しています。
体験的に
接水面の中心を確認してその中心に、体の重心が来る様に成らなくてはいけない。
重心が
後方になると急激に回転したりして安定しない。
なれてくれば、ダンパー気味の波の場合はテイクオフと同時に、またはテイクオフ前に
あらかじめ進路を変更する。

赤い足は前足

回転

回転は下のIMG(イメージ=絵)の通り、
重心位置を少し後方にずらすと同時に
(前足固定 後ろ足に重心をかけて 回転をコントロールする。)
回転したい方向に
後ろ足をずらすか、または、かかとかつま先に体重をかける。
つまり接水面の中心と人間の重心位置のずれで回転力が生まれる。
ただし、フィンが無いと急激に回ってコントロールが難しい。

なれないうちは、体重を後方にずらし、かかと、つま先での回転で練習しよう。

単純な原理だが、すべてが動的な条件の中で行うので、高速コンピュータ搭載
ロボットでもできない。 

人間は練習すれば 簡単にできるようになるから不思議だ。

接水面の中心位置

接水面の中心位置からのオフセット距離(体重を後方に)

この距離が大きければ回転は速くできるが、その分水面抵抗が
増加して、減速する。

回転しやすいと言うことは、不安定と言うことなのである。

レギラースタンスでグーフィーの波
に乗っている。

上の図を見れば説明の必要もないが、回転するにはこのオフセット量
を調整してボードを不安定にして回転する訳である。
不安定が大きいほど、ほんのわずかな左右の体重移動で急峻な回転をするのである。

正し、回転後速度が落ちるので、即、体重を前に移動して速度を上げる必要がある。
また、
波の面をよく見て
波の急な部分にボードを持って行くのである。
上がった速度を利用して次の回転へと導く。
ロングは接水面が大きいので、体重移動量も多く必要であるのに比べショートは
ほんのわずかな移動で、急激に回ることになる。 それがショートの魅力であるし
方やロングボードのゆったりとした優雅な回転となる。

重要なのは波をよく見て、なるべく速度の落ちない面を見つけ、板を誘導する
ことなのであるが、話は簡単だが波は都度違う。
臨機応変に板をこなすのは経験以外にない。


ショートボード、ロングボードともに理屈は一緒であるが、体重の移動量は大きく違う。

サーフボードの回転性能

わかりやすいように、極端な2例を下に示した。
誰が見ても回転性能は歴然

Aは良く曲がる、B は直進製に優れている。
さて、あなたのボードはどちらに近いかである。

テイクオフした後は、全体のスタイルに関係がない。
最後尾(テール)の形状だけが影響する。
従って、テールが円に近いほど回転は速い。ただし、横滑りはスケグ
の問題となる。   
横滑りを防ぎしかも効率よく回転するには微妙なバランスを求められるが
その違いが分かるまで10年ぐらいかかる。
従って、今持ってるボードで十分な性能を引き出せなければ板を変えても
意味はないのです。 特にショートの場合は大差ないと思う。
ロングボードはサイドカーブの影響は非常に大きいと事だけは覚えておいてください。
それも、今持っているボードの限界までのターンができたからの話です。



要するに、あなたの求めているサーフィンのスタイルはどっちなのですか?
あなたの求めるスタイルによって決めるべきで すが
テイクオフの早さは船長と浮力だけですから

カットスタイルには無関係です。

ボードのデザイン