スケグ(フィン)

スケグとは「整流板」の意味である。  フィンは「ひれ」であるが、小生としては
整流板の方がなじむ。
舵(かじ)は方向を操るものだが、サーフィンの場合方向を操るのは人の体重であるから
このひれを舵と同一視できない。

主流はトライフィン(3枚フィン)であるが、スタイルから言えばシングルフィンが好きである。
トライフィンはメロー(ゆったり)な波には抵抗となり不必要であるから真夏のやっと乗れる波には
シングルがよいが、どんな乗りをするかは好みの問題。  
競技会は別として情緒の問題かもしれないが、回転性能は違う。

ズバリ性能の比較

回転性能では全く問題にならない。 スノボをやる人なら分かるがシングルフィンでは
豪快なカービングはできない。  ボードだけが曲がって、進行方向は変わらない。
フリースタイルのゲレンデ整備用板と言った感じ。
よって、速度だけが落ちる。    これはサーフボードにとって最悪であるが細かく曲がらなければ
問題はない。

サイドレール(ボードの左右の端)だけで水を
斜めにとらえているので、横滑りがおおく
速度をうまく回転力に換えられない。

たとえスケグを長くしても、回転時に斜面に
垂直に成らないので横滑りを抑える効果は
限定的となる。
つまり直進用のひれなのである。

また、長くすると急激に抵抗を増す。 よって
限界がある。 今ではクラッシクなロングボード
のみの存在となってる。
しかし、そんなボードを操るのも、
また一興なのでは?

サイドレールとスケグが横滑りを防ぐ
しかも、流体力学的に言うならスケグの
面積
アスペクト比(アスペクト比=長さ÷幅)
にもよるが静止状態の10倍近くの
効果をもたらし、速度を落とさずに回転
できる。

アスペクト比を大きくすると抵抗が急激に大きくなり
強度不足だと振動(フラッター)して役に立たない。
スケグは効果も大きいがこのように負担する力も
大きくかかるから、かなりの強度を欲する。

最近はさらに2枚足して5枚フィンなども目に付く
が設計が難しいと思う。
やはり、乗って確かめたのであろう。

真横からの断面図

シングル

トライフィン

end

ボードのデザインは同一の場合の理屈であるが、 ボードのサイドカット
に寄っても回転性能は大きく変わる。
主に、テール部分の形状は影響が大きい。
絞り込んで有る方が回転性能は向上する。 そのほかロッカー(そりかえり)
等諸条件は有るが、横滑りを防ぐのはスケグの役割はおおきい。

その他−−−−−

重要なスケグの断面

センターのスケグは直進用なので水流によって
ボードの進路を変更する力は発生しない。

しかし、両サイドのスケグは飛行機の
翼と同じ揚力を持つ構造になっている。
従って矢印の方向に力がかかる。
それにより、回転の際、一方が水から抜けると
横滑りを効率よく阻止することができることになる。
だが、反面
直進の際、両端のスケグが反対方向の力を発するので
抵抗増になる。
この形状は簡単にできたとは思われない。
相当な実験で求められたのであろう。

5枚フィンは、短く造り回転時に不必要な一方のフィンが水から抜けやすく
また、前後に並べることによって抵抗を減らす目的が有るように思われる。
これはあくまで推測である。

ボードの回転の仕組み

ボードは何故走る

左図は船の後ろについている舵(かじ)
小生の知識では、スケグは方向舵の前にある
整流板で舵の効きをスムーズにしたり水流の剥離を防ぐ
意味のある板と認識している。

トライフィンの基本断面

戻る