バンザイアンテナ

バンザイアンテナ

割と迷信にどっぷり浸かってるのが、バンザイ(V型)DP

OMはVビームのイメージがあって、真上に上がると持ってる人が多い。
HFアンテナは大地との関連を抜きにできないのです。
計算させると、上に放射されるどころか、DX向きなのがお分かりか??
(何を隠そう、小生も迷信の信者でした。)

V型DPは元来、貧乏人向きのアンテナで、低い地上高で低輻射角度
並びに、IMPマッチングを同時にこなすことができる優秀なアンテナです。
ただ、多エレメントには向きません。  (今回は省略)
下のIMGは地上高10m 電線使用のアンテナです。
水平DP  IMP 76Ω 仰角 58°
V  DP  IMP 53Ω 仰角 44°

明らかにV型DPが優れています。(地上高10mでは。)
水平パターンの赤い線は垂直成分です。
思いこみと違うでしょう。  利得は水平DPが若干FBですが、これは大地の反射の影響で、
方向が真上です。

水平DP

7MHzについて

地上高が低い場合は、V型DPの方が優れていることが分かります。

ただし、もっと地上高が低い場合や先端を曲げた場合は当然IMP(純抵抗)は低くなり
ヘヤピンマッチなどの整合回路が必要になります。

また、
ひらき角度を大きくすると、IMPは上がり、狭くすると下がります。
先端にCAPHAT(キャパシティハット+ヘリカル)などの処理をして短縮し
IMPを下げて給電部での調整をすると簡単にできます。











end

容量冠は”C”か?

ヘヤピンマッチの謎解き

MMANA 1.7の超簡単解説

旧バージョンには森OM(制作者)日本語の解説があります。

裏技紹介JA6HUQ発見

MMANA V1.7

絵で見る! MMANAでΔを造る

indexへ

14MHzハットアンテナ

V型7MHzハットアンテナ実験詳細

ハットアンテナをMMANAで自由に- MMANA解説

アンテナTOPへ
各種高性能アンテナ&キャップハットの研究

3.5MHz トップロードアンテナ

手っ取り早く評価へ