ヘンテナ 21MHz

JA6HUQ(前川氏)が仏教からヘンテナ真理教に改宗されたようで、小生も抵抗むなしく
ついに、教祖様の偶像を制作するに至った。

ヘンテナをシュミレーションしていて気づくのだが、実に変わったアンテナである。
皆様ご存じのクワッドを細長くし、余った部分がヘヤピンマッチに成ったアンテナである。

四角ループは細長くすると、利得が増加するがIMPが低くなりそのままでは利用できない。
しかし、マッチング回路をアンテナに取り入れることによって限界の利得に近づいたのである。

試験運転
鯉のぼりポールに設置して調整 給電部高さ5m程にして
2ELデルタと比較を行なった。

結果
ノイズ    デルタと同程度
利得     レシーブSメーターで1個分DOWN
SWR     帯域は広く共振点で1.0
国内のQSO実績において、ANTの切り替えが確認できない
程度であった。(10局)
短波伝搬は複雑に変化するため短時間では結果が出ない。
その他の性能
垂直偏波(2方向) 斜め偏波 輻射角度の変更など行ったが
垂直設置以外では良好な結果は得られなかった。 理由は不明。 


サイズ
幅       1.6m
高さ      6.8m
給電点     エレメント下から80cm
材料      クリエートの3elyagiのエレメント使用 

重要機密事項

単純な様で複雑怪奇なアンテナ

@ IMPは始めに設定すること。

いくら調整してもIMPは下がらないのは、幅が広いからである。
IMPメーター(BR-200等)でSWR最小値でのIMPはほぼ純抵抗である。
それが高く出たら、幅を狭くする。  幅で固有のIMPが決まる。
そのためいくら調整しても、SWRは下がらない。
幅広げ=IMP上げ  狭く=IMP下げ  なのである。
50Ωは結構狭いのです。
  

A 共振周波数は上のループできまる。

SWRが1に成った時点で共振周波数が1MHz程度狂っても問題ない。
給電部を移動すれば目的周波数に移動可能である。
マッチング部は至って鈍感であるから、相当の幅をもっているのである。
従って、共振周波数を上げたい場合は 給電部を上にすればよろしい。
正、2cm間隔ぐらいで行うこと また、片方だけの移動で微調整可能である。

1elの場合は IMPが高く成りやすいので注意 ハンドブックなどの
資料で制作すると確実に80Ω以上になる。

スペーサーは海のいかだ様のFRPパイプ
漁港に行くと落ちている場合がある。

落ちていない場合は船具屋や漁協に聞いてみよう
小生は2本もらって、2本拾った。 φ45mm程度。

試作

実使用は後日掲載予定!!

1エレとしてみた場合、すごいアンテナである。 10dbi程度の利得があり
しかも調整は無しに等しい。
シングルならこれにしたい。
しかし、高さが1/2λだと、屋根馬運用の局には設置が難しい
中央でブームに固定することはできず(屋根にあたる。) 改善が必要である。
また、材料的は2elyagiと同一になる。   そこがHFで選択されない理由ではなかろうか
これらの問題を解決すべき今後努力する。
何故か垂直偏波にすると格段に悪い 水平偏波にしなければ成らない。 

総合評価

参考事項
2方向の回転をさせて受信性能を2elデルタと比較したが
どの方向も信号は垂直に比較して減衰した。

容量冠は”C”か?

ヘヤピンマッチの謎解き

MMANA 1.7の超簡単解説

旧バージョンには森OM(制作者)日本語の解説があります。

裏技紹介JA6HUQ発見

MMANA V1.7

絵で見る! MMANAでΔを造る

indexへ

14MHzハットアンテナ

V型7MHzハットアンテナ実験詳細

ハットアンテナをMMANAで自由に- MMANA解説

アンテナTOPへ
各種高性能アンテナ&キャップハットの研究

3.5MHz トップロードアンテナ

手っ取り早く評価へ

小生の情緒的な判断では、貧乏人向きとはいえない。 何せでかい、複雑その割には
利得が稼げない。 周波数帯域は広いので10m以上のバンド向きである。
調整に特段時間がかかり、また複雑だ。 自動チューナを使えば楽だが 小生は持っていない。
調整は焼酎を飲みながら では絶対不可能なのだ。
小生のコンセプトは 給電部ですべての調整が酒を飲みながら完結できることなのだ。
どんなものも、作ってみなければ評価はできないので、制作に至った。