証明される占星術

もどる

天文学と医学がともに発展してきた現在、星座の位置関係は動物に与える

宇宙線(高速荷電粒子)の影響が到達量によって変化することが分かってきた。

ホルミンシス効果という。

ちょっと、複雑であるが太陽系の含まれている銀河(ミルキーウエー:天の川)

は回転中心から渦巻き状に広がっている。

その渦巻きの腕のすじに濃淡がある。 濃くなってるところには星が集中する。

その集中する部分に太陽系が差し掛かると付近の星の影響がおおくなり

地球に降り注ぐ宇宙線の量が増加するのである。

それがどのような位置関係かは小生には皆目わからないが、星の位置関係によって

放射線の量が変化し人や生き物に変化を与えるというものである。


すると、長期で見るなら 占星術も科学的に証明される日も遠くないの

ではないかと思われる