危機的な基地問題

戦略と戦術の大筋がお分かりになる方々へ

日本は明確にアメリカの軍事同盟国です。

中国も、ロシアもアジアの諸国も当然そのように理解しています。
軍事同盟とは相互に侵略はしない、そして相互の敵にに対して立ち向かうと言うことです。

故に中国は日本に軍事力を行使できないでいます。北朝鮮も同様。

現実にアメリカの基地が日本に十分多数あり実力もあるので手出しができないでいます。
只それだけです。  台湾への攻撃もできないで居るのは、日本にアメリカの軍隊が存在するから
だけです。

軍事的に極端に差がある  ロシアの周辺諸国での現象は当然の事です。
ロシアは元同盟国の意見の相違は許しません。 当然に、経済攻撃、軍事攻撃を行います。
それに対抗する力は無いからロシアは自由に行います。 
 詳細はともかく、現実の世界がそこにあります。
取り巻きの国々はロシアの繁栄が前提でしか 存在し得ないのです。

日本と中国、ロシアの関係も当然、日本が独立して意見を通すことなどできません。
それらの国と対等に戦えるのはアメリカしかないからです。
言葉も、考え方も違う国同士の意見の違いを単純に話し合いで解決できると信じている人が
いると思うと、信じられません。  現実逃避以外の理由を見つける事は不可能です。

国連など良い例です。
拒否権があるのは軍事大国だけです。    他の多くの国々がいくら賛成しても、正しくとも
通らないのです。   そんな現実に目をそらせても、無意味です。
この世界で生き残るのは、現実を直視する以外の術はないのです。
考えが正しいか、間違いかは生き残る者が決めることで、冷たい土の中の方々は
何も言うことはできない事になっています。

政治家は、当然の事として、それらの戦略的基本要件を知らなければ成りません。
そして、日本の生き残る戦略を構築  戦術を行使する事ができなければ成りません。

  想定できる惨事が起きても、日本人が多く生き残る戦略のコンセプトの構築をしなけれ
  ば成りません。
第一条件の確立が可能と判断してから、次により多く富をつかむ事、それが第二の戦略
となります。

基本戦略構築には  まず。

仮想敵国、中国、ロシア(他に無い)から、その脅威を排除することが必要最低条件です。
その第一条件の達成無くして次に進むことはできません。  
しかも、現在
以前の中国と比較すると近年は明らかに脅威は倍増しています。
そんな現状で、アメリカの基地をテニヤンなど数千キロ離れた場所に移す事など正気の
沙汰とは思われない。
現実には成らないが、そんなことが起これば、東シナ海のガス田どころか、通行権まで
中国の物となることは自明の理です。

アメリカは、日本が不利益に成ることより、中国の利益に成ることの方が脅威なのです。
それが、アメリカの戦術だからです。
だから、戦略無き行動は反対、拒否します。 日本の戦略にも基地はあった方が当然有利です。
  詳細はともかく、アメリカの戦略と合致します。

確かに、沖縄の苦労は大変であろうが、日本が不利になれば、沖縄はもっと不利になります。
東シナ海での自由な船の航行さえ危うくなり、  漁業も当然できなくなり
中国の軍事的な脅威が現実の物となります。

長々と、詳細に書く気力が昨今無く 短文にしますが、

そんな事を、理解できない政治家の馬鹿さかげんと、 平和ぼけした日本にあきれ、また
途方に暮れ悲しくなります。

いっそのこと、何とか党のように、非武装中立すぐ降参 なされるがままに侵略を許し
奴隷となり、シナやロシアの為に働く ぞよ。

そのような政党に一票をを投じ、不要な老人は 安楽死させてもらうのも一考。
 楽な道かな と思ったりもします。

しかし、今、これが、自らが選んだ道なのであろうか ?  
「そうだぜ、 お前達が投票で選んだ 道だよ。」  と闇の中から声が聞こえるが

  少しばかり、疑問を抱く日々  なのだが

できれば、少しばかりの年金を頂戴し、余命を晴耕雨読し、何時の日か 仙人となれれば
よいのだが・・・・・・・・・・・・・。





















外交の原則、 戦略の実現 そのための戦術とは

第一は軍事的に有利か ・・・だけ、  経済的に有利かは次です。 
金をいくら持っていても 守ってくれる者が無い場合は 簡単に奪い取られます。
国際的に、日本の金を守ってくれる国はありません。
ドルを持っているから アメリカが守るだけです。

アメリカが好きでも嫌いでも、中国の脅威、ロシアの脅威に対し、対抗できるのは、アメリカの
軍事力と経済力以外何処を捜そうと無いのです。
他にあるならとっくに使っています。 日本が現在の状態で生き残る戦略は他には存在しません。
アメリカの傘以外では 当然 経済力も生かせません。

細かな技術力などは国民が生存するための軍事力に比較すれば、弱い。
  ペンの力は中国のノーベル賞受賞者の境遇を見れば お分かりの通り、
  飛んでくる弾丸を止めてはくれません。
  良いか悪いかは、国民(私)が生きて暮らせるか?  ただそれだけで
   判断基準は他にありません。  生存が最大限の命題だからなのです。

鉄砲の弾 一発(50円程度)で人は死にますが、 車が無くても死にません。 TVも同様
日本が核爆弾でも大量に持たない限り、このバランスが崩れません。
それを拒否している以上、代替え手段を絞り出さなければ成らないの、それが戦術です。
紳士のイギリスなど何の躊躇もなく原爆を持ちました。  アメリカの傘で英国は生きられない事を予知
しているのです。

戦争は止められない

to TOP