容量冠? ほんとに容量冠か?

上のIMGはハットを両端につけた、DPとV型DPだが、MMANAの概算の結果
共振周波数に大きな違いがない。

もし容量冠がC(キャパシティ)ならば対面した方が容量が大きくなり
共振周波数が下がるはずだが、シュミレーションしたところ変化はない。

二者の違い

利得
   水平  DPの方が若干大きいが、これは地面の反射による輻射角の影響であろう。
輻射角
   明らかにV型が10°ほど低い。 DX向きである。 高さのとれない貧乏人HAM
   はV型の方がFB 正し、IMPは10Ωほど下がるのであるが、どのみちヘリカルに
   し、ヘヤピンマッチにするのでIMPは低ければOK
帯域幅
    SWR1.5    V型DP  125KHz  水平DP 111KHz

ハット(容量冠)が容量によりアンテナの共振周波数を下げているなら、積極的に間隔を
狭くしてやればよりアンテナの全長は短くできて、貧乏人にはFBと思って、MMANAで
シュミレーションしたが、そんな結果は得られなかった。
そこで、下のIMGのシュミレーションをしてみた。
後日実験を行う予定。

2012/04/22

下の両者の各部材のサイズは同一である。
地上高10m(給電部)

結論

ハット(容量冠)は太古の昔から、大地または一対のエレメント間の容量を
増加させ、アンテナの共振周波数を下げる物と思いこんでいたが
さにあらず、集中定数と同一の性質であると思われる。
下のIMGはハットを中心から3mの位置に設置しその先にエレメントを足した場合
のシュミレーションである。

上記のシュミレーションでは全長17m程になり大きな短縮はできない・
(7MHz)
全長6m程度のエレメントをローディングコイルで実現するには、左右のエレメントの
センターに10μH程度の挿入が必要である。
その場合は明らかに、帯域幅は狭く10KHz程度となり、利用しずらい。
今後実験で解明していくが現在のところ、ハットは末端に設置する方法が最も良く
FBに動作する、向かい合わせに設置する必要はない
扱いとしては集中定数と同様に考えても差し支えない。
しかし、挿入場所は末端である。

明らかに集中定数的電流分布に見える。

実験結果 2012/04/30

実験結果

ほぼシュミレーションと同一に成った。

共振周波数は50KC UP
IMP 20Ω
帯域幅 60KHz SWR1.5

飛びはすこぶるFB
指向性は減少した。
  サイドでも十分受信できる FS比5db程度



総合的には十分な性能である。

特にFBな受信性能
   明らかにSNが改善された。
   これは特筆されるべき性能で、ローカルノイズが10db以上減衰した。
   ビッグガンの方々のQSOが聞こえるようになり、ヨーロッパの声も十分にQRK5となり
   満足です。
デザイン的には、少々不格好であるが、性能面重視として納得。
部材に限定が有るので、優秀なFRPパイプが有れば寄りデザイン的に美しいものが可能。
当分使います。

注意

MM真理教とは: あんてな解析ソフトMMANAの信者が勝手に使う名称で
           日本政府は公式に認めていない。宗教団体にも認定されない
           イカサマアンテナ制作集団である。 

MM真理教から導き出された予言によって、悪魔のような巨大アンテナや
バベルの塔のようなタワー神を信じる邪教に打ち勝てるとされている。

(キャップハット:キャパシティハット現在編集中の項目)

アンテナの先端につく技術である。!  (wate ペディアより)

驚異の最先端技術とは?

容量冠は”C”か?

ヘヤピンマッチの謎解き

MMANA 1.7の超簡単解説

旧バージョンには森OM(制作者)日本語の解説があります。

裏技紹介JA6HUQ発見

MMANA V1.7

絵で見る! MMANAでΔを造る

index

14MHzハットアンテナ

V型7MHzハットアンテナ実験詳細

ハットアンテナをMMANAで自由に- MMANA解説

アンテナTOPへ
各種高性能アンテナ&キャップハットの研究

3.5MHz トップロードアンテナ

手っ取り早く評価へ

全体幅=3m 48.31MHz

対角線長 共振周波数MHz 1/2λ 短縮率
0.5 28.57 5.24 57%
1 20.98 7.14 42%
1.5 16.97 8.81 34%
2 14.48 10.35 29%
2.5 12.73 11.77 25%
3 11.42 13.12 23%
<

早見表 

全長 3m のエレメントにハットを付けたときの周波数変化

ハットの大きさと周波数変化早見表

この早見表を利用すれば簡単にできます。 ハットの場合は効率や帯域幅を
落とさず効率よく短縮できます。