短編小説
不忘のかがり火

宮城の南部、白石市から白石スキー場方面に見える、
海抜1700m程の山の中腹、 山の南側に町営のキャンプ場が
ある。
白石側の支流 横川の縁にある。 そこから登山口に向かい
横川林道が山形まで続く。  未だ大自然豊かな地域だ。
横川はイワナが多く住む川だが、断崖絶壁で人の進入を拒む。
その山の精霊に魅せられた男の悲しい物語。
今でも 晴天の夜、彼が炊くかがり火が・・・・・・・・・・・・・・・・・。

横川聖

キャンプ中、ふとしたことから知り合った若い娘
彼女は一体何者か?
何一つ不可解なことは起こらないが  帰路 キャンプ場に立ち寄った。
驚きの結末がそこで待っていた。

TOP

小学校高学年用童話

南中前の海

海で遭難した人、、、、行方不明って、
死んでしまったの?
違う、   勉強してから戻されるんだ。
これは、内緒の話だ。  

エッセイ集

海で行方不明になったすべての人に贈る。

2013/11/26
米国の戦略と中国の狂気の狭間で日本は・・・・・・・・・・。
恐ろしい陰謀に日本は巻き込まれているのか?

こんなストリーがあって、秘密保護法が成立したのかも
しれないと推測
するとすれば、すでに戦争への準備は 整ったのかも?。
書き下ろし 書きかけであるが肝心な部分は公表。

総理の陰謀(短編)

かく仙人は造られ、仙人とは 仙人の 
さだめとは一体何なのか   今も仙人は存在し 人を導く

宮城の丸森町 隣は放射能汚染地区 そんなところで
仙人が生まれた。     
連載 制作中 完結編は2012/12予定

運動が忙しく、途中で止まっています。 冬になれば完結?



岩岳の仙人