線材(ひも)の巻き取り方

細い線材や、クレモナなど指に絡めて、巻き取りが、いざ使う段になって
絡んで、ほどくのに時間が掛かる。
そんなことにならないような巻き方がある。
逮捕術で習った、捕縄術である。

このように、指に絡めるのであるが、このまま巻き込むと、ほどくときに必ず絡むのである。

下の絵のように、途中でクロスさせて、巻き取り回転を逆にします。
これを、数回巻きごと繰り返しします。
つまり、巻き方が、時計方向、反時計方向とサンドイッチになり、よほどのことは無い限り
絡んで、ほどけなくなることはありません。 やってみてください。