7MHz新デルタループ

ハットアンテナの比較用にフルサイズのデルタループを作成。

戻る

MMANAでのシュミレーションでは地上高7mでIMP50Ωになる予定。
実際には屋根の上なのでどうなるか不明だが、作ってみたらドンぴしゃ。

いくらか、気づいたこと ポイント

* 下のラインを屋根からはなすと共振周波数が上昇する。
   IMPも上昇、帯域幅も広がる。 クワッドに近くなる。

* 3.5MHzのアンテナはグランド共用するSWの場合かなり影響を受け
  SWRはアンテナ直下では調整不能になる。
  グランド共用しなければ 全く問題はない。
  従って、2回路の切り替え機でグランドを完全に切り離さなければ
  かなり苦労する。
  小生は同軸を2本使った。

* 2バンドを一本のフィーダーに直接接続すると、7MHzのアンテナは
  全く用をなさなくなる。 3.5MHzのアンテナは影響を受けなかった。

以下接続部 、マッチングは不要なので周波数調整用のアコーディオンコイルのみ
  3.5MHzのマッチングユニットの裏側を使った。

前回同様 ハットアンテナと ループアンテナの相違は無いことが
わかった。 ただ、ループの方がSNは良い。 (対遠来ノイズ)
それにしてもハットアンテナの性能の良さに驚かされた。

MMANA1.7 data

テキストデータをメモ帳などで保存し 名前.maa とファイル名を
変更すると自動で読めます。 
maaファイルの中身はテキストなのです。