波を選ぶ?

戻る

波は選ぶのではなく、 待つのである。

ゲット位置 (波待ち位置) についたら
ゲレンデを見渡し、 自らが欲する波がどこにくるのか
見定めよ。

混んでいるところでは良い波が来ても 競ることになるから
ある程度確率は減少する。 よく見渡すと数は少なくても
良い波はあるものである。

岩礁地帯はポイントブレイク(同じ場所)になるが、ビーチ(砂浜)では
海底の砂が常に移動するので日によって変化する。

そんな条件を加味してじっくり見渡さなくてはいけない。

そして、自分の欲している波はどこに来るのか予測し、ゆっくりと
移動する。


 

その際、注意しなくてはいけないことがある。
移動途中にブレイクポイントがあった場合は、 ブレイクポイントの沖側を通過することである。

サーフィンのマナーでは波に乗っている者が最優先である。 従ってライダーより岸側にいる人間は
妨害に成らないように注意する必要があるのである。

波は浅いところにくると必ずブレイクする、波の大きさによってブレイク場所が変化するので
3波に一回は 1.5倍  10波に1回は 2倍  100波に一回は3倍 の様におおよそ目安を
で、自分の好みの波がちょうどブレイクする場所で待つのが 最も効率が良い。














下図のごとく最適な待ち位置はボードの水船長で決まってくる。 大小波が来る中で好みの波が
テイクオフに適した角度になる場所で待つのである。 
物理法則であって、アンパンマン、 
サスケにでるマッチョマンでも変更できない。 
パドルは補助的である

残念ながら巨大波は、沖で待つロングボードに取られることになるが、
競合が激しく、下に下ったロングはショートの位置に行ってもだめである。
プレーニングに至る速度はショートが早く ロングはいくら一生懸命パドルしても
かなわない。 ロングの人はショートの待ち位置は避けよう!!
(サーフ理論を参照のこと)

ボード速度(パドル)は水船長 (水面に接している部分の長さ) に比例し 
テイクオフ速度は逆になる。
両者を加味すれば自ずと、テイクオフ可能な波の傾斜は固定的である。
(酔っぱらいのジジイの第一法則)
水船長は体重とボードの長さ、浮力で決まる。 回転の
しやすさ(良し悪しではない)は重さだけ。