戻る

客観的に見渡せるようになった。

2019/01/26  記載
2年と6か月が経過した現在
足の痛みなどはべつにして、ICU&破傷風の後遺症はだいぶ治癒してきた。
完全に戻ったともいえないが苦痛はほとんどなくなった。
細かな不具合は存在はするが大きな問題ではない。 手のしびれは相変わらず厳しいが
我慢できないほどではないが 苦しい。

年も3月で69歳になるから新品同様というわけにもいかないであろう。

ただ、ICUにて治療を受けるとということは 命の危機なのであるからそれなりに治癒には
時間がかかると実感した。  もし、そこに入ることがあった場合の覚悟 ご理解願いたい。
 DOC ?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2019/02/20 追申

ここ数日、夜中に目が覚めなくなった。 おおよそ3年ぶりぐらいです。
ICU から出て 正常に戻るまで そんなにかかるのであろうか??
ICUはたった4週間 なのであったが!!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ICU 症候群 2017/05/22記載

日本では本格的な対応は無いようであるが、小生の

体験からすると、これは厄介な 精神的な病のように
思える。

小生の場合 4週間の間

心臓と脳みそ以外は機械で動いているのである。

その間筋力劣化、ICU脱出後 メンタル面のダメージは大きく2年経過しても

完全に解消されない。

色々な症状として私を苦しめる。

今後もかなりの時間耐えなければならない。健康体であった人間がある日突然 
ICUに入り 意識が戻り ICUからでた。

 気が付けば 五体が不満足になっている。

 足だけのけがのはずが、 腕も筋肉が衰弱して

、食事もままならぬ。 精神的な負担はかなりのものであった。

以上が、破傷風でICUに入り 助かって出てきた時の感想である。

はっきり言って、殺してほしい 状況なのである。

足や手だけではなく、内臓もすべてリセットされているので 元に戻すに
肉体的 精神的な 苦痛は計り知れない。 何度も死のうと思った。

ICU 4週間 リハビリ 1か月 現在も抗不安剤のお世話になっている。

この薬が後ほど 小生をひどい目にあわすのであるが 致し方なし。

入院中に臨床心理士の治療を依頼し、その方からより高度な精神的な治療には
精神科に通院したほうが良いということで、現在に至っています。

現在も、毎日 朝 呼吸困難や動悸(どうき)、血圧の大きな変動、めまい
等が強弱を繰り返す。 徐々に改善に向かっているとは思うが
本人しかわからない苦しみである。

日本の医療は精神的な分野はまだまだ 不完全で、かなりの大きな病院でも
その方面の対応は脆弱であるように思えた。

こんな目に合わないほうが良いのだが、もし、ICUに本人か、関係者が
入ったら、このようなことが あると 思って、いろいろな手を講じてください。