経済膨張は余暇が作り出す

戻る

中華ウイルスで経済は今後大きく縮小する。

人間の歴史では経済が拡大し続けている。
その要因は余暇の創造だ。

仕事を効率よく仕上げ余暇を作り出し、その余暇のために時間を費やし
さらに経済を膨張させる。 その循環が現在までの膨張を支えてきた。


中華ウイルスはこれらの経済膨張の基本的な余暇活動の抑止につながる。

人間は相互の関係で愛情・や羨望といった情緒でつながっていないと生きられない
社会的な生物である。

しかし、強力な伝染病はこれらの条件を崩壊させる。
余暇があっても社会的な活動は抑止されるため余暇に意欲を失う。

これらの循環が経済を縮小へと向かわせる。

共産党がそこまで考えたかは別だが。
意図したか、意図せずかは 別として 方向的にはほぼ間違いない。

ただし 社会的つながりを NET というバーチャルな世界で人間のこれらの
欲望 本能を充足できるのであろうか??

小生には疑問符であるが 小生の存命中には結論は出ないであろう。
この、中華ウイルスは 無くなりはしないし 変化し続け人類に大きな
変化を与えるだろう。


2020/11/11 7:30