自然保護 エントロピーの重要性

人間の身体も、人間界の社会、環境も左図のごとく、非常に不安定な
生物的にエントロピーの低い不安定な構造です。

同一種の多い環境というのは机の上に、鉛筆を立てたような非常に不安定な
状況を、何とか倒れないよう 知恵と工夫で守り抜いている事なのです。

勿論人間の個体の環境も同じく、ちょっとしたウイルスや菌が入ると急激に
個体数を減らすという劇的な変化の危険性があります。
人間界は無菌状態の低エントロピー状態です。

その点、自然界は同一種にあっても、環境が大きく違い人間の様に
エントロピーは低くありません。
従って、特定の種が絶滅すると言うことは滅多にありません。

特定の種が絶滅するのはエントロピーが極端に低くなった種に限られます。
つまり、個体数(群)の減少と生息地域の限定が主な原因なのです。

その多くの原因を作ったのは人間の場合が多そうです。

人間界の中ではエントロピーが低いので、未知の菌やウイルスで絶滅に瀕したとき、
手段が限られます。 環境が同じなので 通常は絶滅します。

しかし、人間は知恵と経験の蓄積により、他の動物から対抗する方法を取得してきました。
ペニシリン(青カビ)など代表例です。

しかし。いま、自らの欲望で 

環境を変えた人間は自分が助かりたいが故に 青カビのような生物の供給を欲します。
特に先進国は・・・・。

貧困国の子供が虎に喰われても 「 自然保護だーー 」 と平気で言います。 
全く理不尽な理屈です。

エントロピーの概念からすると、すでに虎が住めるような自然環境はその地区には無いのです。
かわいそうであるが、動物園以外で虎の生きる手段は無い。
その自然環境には
虎が生きていくため、村の子供を食べるしかないのである。
悲しいかなこれが現実である。

そんな現実も見ず パンダ、鯨 保護! だとか好きなことを言っているとしか思えません。
根本的な概念が間違っているので、自然保護の必要性も間違った方向に進んで
結局は 自分等の必要とする 抗生物質も手に入らない環境に至るのであると心配している。

ここからが本題

お金持ちの芸能人はパンダ、や いるか保護でも、病気に成ればいくらでも高額な抗生物質や
保険のきかない薬でも使えるが。

貧乏低額年金生活者には 高嶺の花 である。訳の分からない病気になれば
静かに くたばるのを待つか?

とんでもない
貧乏人だからできる究極の万病予防策 がある。
つまり、自分の身体のエントロピーを高くすれば病気には成らないのである。

エントロピーは全世界共通試験の成績のようなモノ
 つまり、エントロピーが高いと言うことは 身体の構造に隙間無く ばい菌などが
びっちり詰まっていて、仮に ノロ や O157 等のへっぽこ ばい菌などが入り込
もうとしても、体内にすでに無数の菌が居住していて、へっぽこ新参ばい菌は 村八分
確定なのである。  そんな奴らが繁殖できる 余地等は与えられず。
先住 ばい菌の 餌食に成る運命。 哀れなものである。

しかし、エントロピーが低い状態は、 ろくに勉強もしないで赤門を受験するようなモノ
以下は、予備校に行く前の基礎練習であるから。  焦らずにじっくり行うことが
寛容であります。

具体的な方法

1.   3秒ルールに縛られるな!
      これが分かるお方はかなり知恵者である。
        つまり、道ばたに落とした食い物は3秒以内に拾えば食える。ルール。
       1時間たったものでも食すれば エントロピーは高くなる。
2.    
生水は飲むな?
      井戸水、川の水 これを飲んで腹を下すようでは長生きは不可能。
        貴方のエントロピーは最低状態である。
        金を稼ぐ芸能人か ソフトバンクの社長にならねば長生きできない。
3.    
酒が飲めない?。
        これは最悪である、たばこは吸えなくても何とかなるが、
酒はストレスの
        解放に重要な合法麻薬である。

        飲めない体質というのは、努力が無いと言うことである。
        何事も努力なしでなしエル事など無い。

      *
      詳細は後日にいたしますが、病気の発症の100%はストレスです。
      演ずるのは細菌やウイルスですが、発症させるのは精神的な状況です。
       つまり、自殺です。 
         いつの頃からか、人間には精神状態を肉体に反映させる
       特技が身に付いています。
       それは良否両面に作用します。
       一番良いのは常に平常心 ミシン  いや 無心 (無欲)。

       何も、滝に打たれたり、山中を山伏のスタイルで崖から身を乗り出す
       等せずにも 酒の一升でも飲めば 簡単に無心になる事ができる。
       欠点は あまり飲み過ぎると
       さめた後の ストレスは二乗に比例し ひどくなる。
       差し引き ±0 か i (虚数) が残ります。
       ( 愛なら良いのだが・・・・・・・。) 

      これも、慣れである くれぐれも 練習が重要である。


以上の条件をかなえると、幸せな一生を過ごせる。
     誤解してもらっては困るが 
長生きではない  幸せな一生である。


        時間がよろしいようで  又のお越しお  ・・・・・・・・。








 

自然環境

人間環境

戻る

TOP