車用バッテリー延命機

一般的な車両用のバッテリーはスターター(エンジンをかけるだけが目的)のバッテリーで
あるため、電極の構造など脆弱にできています。ディープサイクル用は頑丈だが値段が高い!!
貧乏人は安物をいたわって長く使わなくては成りません。


常時装備するにはあまり強力でない方が良いと判断。
また、過放電には 至って弱く 延命機の電流も最低限にします。

今回の延命機は平均6mA〜7mA の消費電流で動作させますが、2us(マイクロ秒)では1A以上流れています。
デュティ比2%にしています。 (2us : 100us)
つまり100usに一回パルスを加えています。

デバイスは2SC2021 (max800mA)  コイルは1mH(市販品) PIC-12F675
2SC1815でも十分です。(実験済み)

プログラム本体はたった数行 モニター用LEDもパルスと連動で省電力に徹する。
強弱の切り替えも省きました。 同じ回路で昇圧DC-DCにもなる便利なチョッパ型です。
以下プログラム HI-TECH  C VER 9.8

//PIC-12F756仕様//


#include"pic.h"
#define _XTAL_FREQ 4000000
#include <htc.h> // delay用に必要

__CONFIG(UNPROTECT & WDTDIS & PWRTEN & MCLRDIS & BOREN & INTIO );

void main (void)
{
CMCON = 0x07 ; // コンパレータは使用しない
ANSEL = 0b00000000 ; // アナログは使用しない(すべてデジタルI/Oに割当てる)0はデジタル
TRISIO = 0b00000000 ; // 0 は出力 割当てる(GP3は入力のみ)
OPTION = 0b00000000 ; //赤い所0を1とするとプルアップを使用しないです. OPTION = 0b 0 0000010
WPU = 0b00000000 ; //どのピンをプルアップするか指定します、1でする、0でしないです

while (1)
{
GPIO0 = 1 ;
GPIO2 = 1;
__delay_us(2);
GPIO = 0;
__delay_us(100);
}
}

回路図にヒューズと逆電圧用Diが書いてありま
せんが安心のため入れましょう。


弱いパルスでも長時間で効果が
あると言うことですから、
もう、10年目の軽トラックに取り付けました。
一ヶ月程度取り付けてから
他の車種に移動します。

100円ショップの小型タッパに入れて
バッテリの横に結束バンドで固定しました。

戻る

1k以上

相変わらずFCZ基板(サトー電気)もどきにて制作

約10年目 ディらーから余命数ヶ月宣告だった
軽トラックバッテリに
取り付け 健康体に復活

週に少ししか乗らないアコードに取り付け
超健康体で推移
通常は交換時期だが
全く問題はない

返信用封筒(切手付き)現金200円同封

メールで依頼してください。

必ずメールください!!
アドレスはIMGファイルですから連動していません
迷惑メール防止のため あしからず。
受信専用です。
12F675を送付頂いても良いです。 (秋月販価 120円)
去年より40円上がった!! 2015/04現在
OUT ピン位置など変更要求に応じます。
貧乏人限定

プログラム済みのpIC−12F675が必要な方へ