陰陽師 vs 科学者

もどる

2015/07/16
くしくも、現政権の総理は「阿部」である。
平安の時代から綿々と続く陰陽師の家系も阿部である。
総理との関連は不明であるが、
現代では土御門(つちみかど)家となり続いている。

一見科学は万能のように思われるが、天気予報などは猫の予報がましな場合もある。
陰陽師は森羅万象、科学の力によらない情報をさぐり判断するが、科学では センサーが入手した
情報に限定される。
勿論シックスセンス(第六感)などは科学的ではないと排除される。

日本の陰陽師は
中国の占い陰陽五行説の輸入であるがその後日本的な改良が加えられ、現代に至るまで
陰陽道と通常言われる。日本独自のもので神道と結合したものだ、
そのコンセプトは 「ムスヒ」 と言われ、いけとしいけるもの すべての安泰を願うものである。

対する科学のコンセプト
は、この世をつくたもうた神業の包帯を剥がし、最後はパンツまで脱がそうと言ったアゲンスト オブ
ゴッド (神への反逆)の歴史である。 よほど神様に恨みがあるのか牧師が悪かったのか?
等と疑ってしまう。

ところで
未来を知りたいのは万民が興味をもち、少なからず科学も陰陽師もクライアント(お客)様から
お願いされる用件で最も多いと思われる。
過去を調べることや、原理原則を調べ法則を確立するのも、そのためである。

しかし、残念なことに、自然界の成り行きは要素が多すぎ過去の平均に回帰するように見えて、
実のところ、うまくいって近似するだけである。 
ましてや、いい加減な人間が関与している 株など
過去の情報で作り出したモデルによって予測できる等、全くない。

これは何も天変地異の話しに限らず 人体の健康に関しても同一なのである。
すべて平均値に収まる人などいない。 個人ではなく集団としての情報で保険屋さん
のためにある情報なのである。

科学的な根拠を得るために、天文学的な財を使いセンサーを宇宙に打ち上げ情報を取ったところで
科学という詭弁での事後説明の材料を提供するだけ。
医学に至っては、生き続けること=幸福 、と勘違いして患者を針山地獄のように無理矢理心臓
を動かしたりもする。

ようは、個人は、科学的にしろ、占いにしろ、未来、この先予測がしたいのである。
そう言う意味において、科学はミクロからマクロを予測し、陰陽師はマクロからミクロを予測するし
全く正反対のコンセプトなのである。 この両者が融合することは無いのだろうか?

特に天気予報など週間予報など30%も当たればよいほうに思える。 どこかで勝負するか
天気予報も並記 つまり 占い師 Vs 科学 としてみるのもおもしろいかも。
もし、スパ^コンがはずれたら 科学者はなんと答えるのであろうか?
ひょっとして、偶然と言う神の領域に逃げ込むのであろうか。

神様のパンツは 簡単に脱げる構造とも思えないが?