3.5MHzキャパシティハットマイクロANT

フルサイズダイポール比−1db以下、しかも全長8mなのである。
勿論ロータリーDPとして設置 究極の釣り竿アンテナ

例のごとく、まずシュミレーション

DP比1/5のサイズで利得が殆どDPと同等なのである。                         
キャパシティハットの威力である。

L 無しの状態で8.5MHzに共振する。  ほんの僅かばかり、Lを入れると7NHzのフルサイズ
より帯域幅のあるアンテナになる。 L を SWで切り替えれば2バンドの高効率ANTになる。
使用実績は僅か一晩のみ(現時点)
しかし、なんと入ってもノイズが少ないのが印象的、 このアンテナなら十分バンドの魅力を
引き立ててくれる。 
※ パターンはDPと全く同一なので省略します。

勿論マッチングはピックアップコイル  で 簡単に行います。
※ 欠点  すっぴんではSWR1.2の範囲は10kc なのでチューナは必要
ハットの大きさは 一辺1.4mです。  何故か 対角線が2m (ピタゴラスの定理)である。
中学校の時 さぼらなかった人は意味がわかるはず。

材料や計算などの再現性を重視した。
何のことはない、ホームセンターで材料がそのサイズだっただけ。

1日で完成総重量2kg驚くべき軽量!!

4バンドそろったアンテナ群
アルミで作ったら大変な重量と金額であるが、釣り竿製の
おかげで、合計で20kg以下と推測する。
台風が来れば風圧試験ができるが、少々不安もある。

それにしても少々やりすぎの感は否めない。
これが全ての面で限界だとおもう。
3.5、7、14、21 のバンドです。

完全防水のマッチングBOX

企業秘密のクロス部分とステーの縛り方

アンテナ作りには欠かせない、縛り方、
ヨット歴40年の経験が役に立つのである。
ちなみに縛り方は「クラブヒッチ」(和名:鬼クビ縛り)

この程度は目をつぶり、片手でできなければ良いアンテナは
できないのである。  皆様訓練訓練  プラクテス、プラクテス 

垂直系を数台テストしたが、やはり安定した通信には向かないと判断し、ロータリDPとなった。
完成後の通信でも、十分以上の満足度・すばらしいの一言。

スペーサーは耐震ジェル

詳細デー

全幅で8mに成ります。 線材は0.8mmφです。
7MHzではフルサイズDPと同等の帯域幅を確保できるはずです。
3.5はさすがにこのLの大きさでは帯域幅はあきらめてください。

ピックアップコイルは1回転から3回転の範囲です。
SWRで確認してください。

微調整用のリニアローディング部を作り、Lで少々高めに
セットし、リニアでトリムします。

Lは防水しないと雨が降ると100kc程変動します。
(下がります。)

詳細データ

容量環について

to top