7Mhz 2EL ハットアンテナ
2011/09/04設置
微調整はこれから。

現時点での性能
地上高 9m  FB 10db 程度   利得  T2FD比 S 2 (約6db) 程度  
導波器タイプ2el  エレメント8m  ブーム6m 
(T2FDはシングルエレメントと同一性能であることを事前に確認済み。)
ブーム長6mだと、導波器のうほうが、ブロードで調整に手間がかからにのでこれにしました。
(MMANA1.7による計算値)
重量でもっとも重いのはブームです。  FRPブームは6kg エレメントは2kg〜3kg程度です。

ハットは一辺1.4m 2m×4 4mmのアルミパイプ
純抵抗(アンテナIMP)  30Ω
整合  ヘヤピンマッチ
帯域幅  VSWR1.2  100KHz 以上
(実測 帯域幅150khz VSWR1.5)
シングルエレメントの改造です。
だいぶハットの作り方になれたので 午前中ぐらいで完成した。
計測器 BR−200のみ
各エレメントの共振周波数必ず1本ずつ確認します。
 (測定しないエレメントは、はずして計測のこと
。)
Ra 7.080
De 7.280
エレメント線材  0.8mm 被服導線
ハット外周    ステンレス0.3mmφ 5.6m
 

釣り竿を途中カットし ハットをつけたところ。
貫通ボルトで固定しています。
釣り竿は全長5.4 780円を4mにカット 中央をステンレスパイプでつなぎ 
全長8mにしています。

このエレメント片方で1kg以下です。

中央は14MHz2el

給電部 : 変形のヘヤピン:コイルにしアコーディオン式

De(導波器)のスタブ構造
U字型のアルミ線で微調整をします。
利得は調整によっても大きく変化はしませんが、
FB比は大きく変わります。
FB比をとりたいときは、調整します。

エレメントのヘリカル巻き:固定無し

長年の経験から、ヘリカル巻きの間隔はこの程度だと、帯域幅が狭くならないのです。
固定しないのは、経年変化による周波数の微調整をするためです。
なお、ハットは雨による周波数変化はコイルと逆数に成るようです。   
雨による誘電率の変化を相殺します。(理想的)

調整
調整は受信しながらの、T2FDと比較しながらDeのスタブを伸び縮みさせ行います。
地上高が不足するのでFB比はあまり期待できない。
結局、初期設定が一番良い結果となっていました。
Deの調整はSWRにはほとんど影響しないので、Raの同調周波数を調整した後に行えば
簡単に済みます。

特筆すべきはノイズの無さ、近隣から発生するノイズは全くなくなった。
ただし、利得があるので、遠来のノイズは信号とともに増加するが、これは税金なのでしょうがない。
満足のできる結果であった。
※ De=導波器  Ra=輻射器

end

一本づつ制作し、屋根に運び
屋根の上でステンレスパイプにつなぎ
エレメントとします。

思った以上の性能で満足。
今まで聞こえなかった、南米やヨーロッパが完全にQRK5に成った。
もう少し地上高を確保できればと思うが、高所恐怖症の小生には無理難題!!

少々不細工だが、遠目には見えないから
いいのだが、後ほど見栄えは改良するつもり

14MHzのANTはほとんど影響を受けませんでした。

中央のパイプはステンレス物干し竿
内部が鉄のモノはさけた方が良い。 さびる。
               安いのは内部が鉄である。

コイルに成りにくいヘリカル巻きを心がける。
コイルになると雨天の周波数特性が悪化する。
テープで巻くのも禁止です。

近隣ノイズは極端に減少した。 T2FDと比較すると
Sで2つほど下がる。 やはりキャパシティハット
の威力なのである。

スタブの調整風景

高所恐怖症の小生にとってはこれが限界です。

MMANAデータ&極秘情報など

現状 2011/011/08

毎日の様に調整していますが
HB9CV 変更  2011/11/01
導波器を反射器に変更

結果
HB9は調整の割には、利得、FB比とも大きな変化はない。
反射器は、少々ルーズに造っても 変化は少なかった。
シュミレーションでは導波器がルーズに成るが、反射器は
クリチカルと判断したが、 実験の結果 やはり、反射器がもっとも楽であった。
たかだか、0.5dbを得るために複雑な調整を強いられるのは、高所での作業が増える分
割に合わない。
やはり、一般的に反射器が多いのは理解できる。
導波器はエレメント間隔が十分とれる場合には有効だが、ブームが0.2λ(8m)
程とれないと、有効に働かない様です。  やはり少しぐらいFB比もほしい。
反射器は手抜きの調整には有効なアンテナでした。

※その他
アルミと他の金属を使った場合には接触点で、伝食(でんしょく)で粉(塩)を吹き
接触不良となる、 よく磨いてグリスをたっぷり塗ったが、どの程度効くか今後の調査
にゆだねる。

現在の状況

調整方法詳細

7メガ2elハット(短縮型)アンテナ

やはり悪魔はいる!!

ここまでお読み頂、 ご苦労様です。
サービスといたしまして、最大の欠点
(top シークレット)をご漏洩致します。

はっきり言って、最高のアンテナですが、唯一設置条件があります。

北緯 38° 以南が最適です。  コリアの話ではありません。

ハットに雪が付くと、共振周波数が極端に下がることを発見しました。
強度的には問題が無かったが、1メガも周波数が下がった。
ハットがあなたと同じように、メタボになると、突如この現象がおきます。
現在、対策を思考中  14MHz2EL  GP ともに確認されました。
さすがにGPは1MHzとまで行きませんが 500Kcは動きました。
雨では問題ないのですが、おそろしや自然界  一体どうすれば良いのであろうか。
次回に持ち越しと  相成りまする。  とほほ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

なお参考まで  38°は宮城県白石市 高速道路に標示があり、また
コリアではイムジン川となりまする。

3012/03/10 変更→ 1 EL に