もどる

オプティマス R8

芸術品であるが故、誤解が多いストーブだ。
ふつうガソリンで10年以上問題なし。 最高!

小型軽量でホワイトガソリンでも、そこらのガソリンでも
使える。 灯油は不可である。

使用方法の 大原則を列記する。

1.燃料たっぷりいれ しっかりとタンクのふたを閉めること。

2.余熱をしっかり
  ティッシュにたっぷりガソリンを吸わせて行う。
  
その場合コックは中央にすること
  ただし、火力調整用ハンドルは はずしておくこと。

3. 以上のことを守れば、ドイツのV1ロケットのように 間欠音がが聞こえてきたら
   OK 後は好きな火力にしてお使いください。

小生は飯炊きに主に使うが、弱火にすると、吹きこぼれたとき 火が消えるから、工夫が必要で
コッフェル(鍋)を中心線からはずして 傾け こぼれたモノが 火口にかからないようにする等

小型でどこにも持って行ける 大変重宝する調理用ストーブの最高峰であろう。
なれない内はハンドルをつけっはなしにして、何回かやけどするのである。

これは、ストーブに教育されているので、決して ストーブをしかってはいけないのである。
そして、たまには タンクを磨いたり 可愛がろう。










少々ガソリンが周りに広がって火だるまに成ってももあわてることはない。決して爆発など
しない。 あわてるのが一番問題なのだ!!。
極端な話し、火に包まれてもタンクにふたがしっかり閉めてあれば全く問題はない。