jx の意味

専門家ではないが、アンテナ制作で最低限の意味がわかるように。

虚数     つまり2乗しても−1に成る意味

x

リアクタンスの意味  

アンテナの場合「−」付くと共振周波数に対して、このアンテナは短いので
「+」 コイルを入れなさいの意味 と理解してください。

物理の計算では「i」を使用するが、間違えないように j を
使っている。
-1 だが計算上二乗する場合があるので電気回路の
場合リアクタンスの場合つけておかないと計算と実体が合わな
くなるので考えた苦肉の策。
(本来は二次元ベクトル)

交流回路においての抵抗の意味
インピーダンス(交流での抵抗)にマイナスはあり得ないが交流回路において

便宜上 
L を+   C を − にすると計算うまくいくだけのこと。
(整合させるときに)

L と C がまざった回路の場合 インピーダンスと言わず
便宜上リアクタンスと言っているだけと思ってください。

アンテナを造る上では上記の理解で十分実用になる。

もどる

高IMPアンテナ必須 LCマッチ