人格の何たるか、神事の何たるか 小生にもよくわからんが、相撲が

プロレスと違うくらいはわかる。

しかし、いまや、相撲はリングが丸くなりロープを張らなくなったプロレスであろう。

よって、興行であるからして 税金での保護はこれに当たらないと思うが??



今や地に落ちた相撲道

横綱が対戦相手の右手の負傷を見抜き、自分も右手を一切使わず勝負し負
けたとする。
横綱なるもの相手の弱みにつけ込み勝つことは恥ずべき事であり、
意味を持たないのである。
また、負けるようでは横綱として、より修行に励むべきである。 
 だが大きな恥には成らない。
 しかし、両手を使い勝てば、横綱の資格は無く即刻やめるべきである。
 だが、

 それを見抜く客が存在しないとする。
 それはそれは、つまらない見せ物に成り下がります。
  
  横綱も、客も道を究めなければ、つまらない見せ物なのでありまする。
  少なくも、桟敷席(砂かぶり席)まで見に来る客はそうならなくては
  かわら乞食の寸劇かコント、漫才をご覧になった方がよろしい。
  相撲は神に献上する、
  演劇なのであり、大根役者の下手な芝居や 殴り合い罵詈雑言(ばりぞうごん)
  コントではない。




end

相撲道

戻る